アプリ版Twitterで「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートです。」と表示されてツイートされている内容が見られない時の対処法

 

アプリ版のTwitterを使用していると、「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートです。」と表示されてツイートされている内容が見られない時があるかと思います。

(特に最近のTwitterは、センシティブな内容に触れるような過激なものではなくとも「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートです。」と表示さるものが多いように感じます。)

アプリ版Twitterで「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートです。」と表示されて見られない時の対処法

 

今回は、その「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートです。」と表示されて見られないツイートを見られるようにする方法について紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

アプリ版のTwitterで「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートです。」と表示されてツイートされている内容が見られない時の対処法

 

①「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートです。」の下にある「設定を変更」をタップする

 

まず、アプリ版のTwitterで「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートです。」と表示されている下にある「設定を変更」をタップします。

①「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートです。」の下にある「設定を変更」をタップする

 

②ブラウザ版のTwitterへログインをする

 

次にこのようにブラウザ版のTwitterへと飛びますので、表示されている指示に従ってブラウザ版のTwitterへログインをします。

メールアドレスなどを入力し「次へ」をタップする

パスワードを入力し「ログイン」をタップする

認証コードを入力し「次へ」をタップする

 

③「Content you see」をタップする

 

ブラウザ版のTwitterへログインをすることができましたら、次にブラウザ版のTwitterの「Privacy and safety」の中にある「Content you see」をタップして開きます。

③「Content you see」をタップする

 

④「Display media that may contain sensitive content」にチェックを入れる

 

「Content you see」を開きましたら、最後に「Display media that may contain sensitive content」の▢をタップしてチェックを入れます。

④「Display media that may contain sensitive content」にチェックを入れる

そうしますと、今までアプリ版のTwitterで「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートです。」と表示されて見られなかったツイートされた内容も見られるようになります。

-iPhone/iPad, Twitter

Copyright© ベポくまブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.