Windows 10で一度解除したBitLockerを再び有効(BitLockerで暗号化済み)の状態にする方法

 

外部ソフトなどでパーティションの分割などのパーティションの編集などをするときに、BitLockerが有効のままの状態ですとパーティションの編集などができないため、こちらの記事にあるような方法でBitLocker(ディスクの暗号化)を無効にする必要があります。

Windows 10でディスクのBitLocker(ディスクの暗号化)を無効にする方法

 

このBitLockerの無効ですが、この記事をご覧になっている方の中には、パーティションの編集などは終わったので、セキュリティの観点から一度無効にしたBitLocker(ディスクの暗号化)を再び有効にしたいという方もいるかと思います。

 

そこで今回は、そのような方向けにこのようにWindows 10で一度解除したBitLockerを再び有効(BitLockerで暗号化済み)の状態にする方法について紹介していきます。

デバイスの暗号化内にある「オンにする」をクリックすることでBitLockerを再び有効にすることができる

 

 

スポンサーリンク

Windows 10で一度解除したBitLockerを再び有効(BitLockerで暗号化済み)の状態にする方法

 

①歯車アイコンをクリックする

 

まず、スタートアイコンを右クリックするをクリックして表示される歯車アイコンをクリックしてWindows 10の設定画面を開きます。

タスクバーの中にあるWindowsの「スタートボタン」をクリックして、それの表示される中にある歯車アイコンの「設定」をクリックします。

 

②「更新とセキュリティ」をクリックする

 

次に設定画面内にある「更新とセキュリティ」をクリックして開きます。

windowsの設定の中にある更新とセキュリティをクリックする

 

③「デバイスの暗号化」をクリックする

 

次に「更新とセキュリティ」内にある「デバイスの暗号化」をクリックして開きます。

デバイスの暗号化をクリックして開く

 

④デバイスの暗号化内にある「オンにする」をクリックする

 

最後に「デバイスの暗号化」の中にある「オンにする」をクリックします。

④デバイスの暗号化内にある「オンにする」をクリックする

 

そうしますと、このように「デバイスの暗号化」が有効の状態となり、

BitLockerを再び有効化する方法

Windows 10で一度解除したBitLockerが再び有効(BitLockerで暗号化済み)の状態になります。

デバイスの暗号化内にある「オンにする」をクリックすることでBitLockerを再び有効にすることができる

 

 

-Windows 10

Copyright© ベポくまブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.