Windows 11の3Dオブジェクトの保存場所をCドライブ以外(Dドライブなど)へ変更する方法

 

ノートPCを使っていているような方ですと、通常ノートPCはSSDまたはHDDの1つのディスクだけで構成されていますので、何らかの形でWindows 11のシステムが破損してしまい復旧も不可能なような状態になってしまった時などには3Dオブジェクトフォルダーに保存しておいた3Dモデルのデータファイルも一緒に消えてしまいます。

 

それですので、そのようなことが起きてしまった時でも3Dオブジェクトフォルダーなどに保存しておいた3Dモデルのデータファイルは無事であるようにするためにあらかじめこちらの記事にあるような方法でシステムドライブであるCドライブからパーティションの分割を行ってDドライブを作成し、

Windows 11のディスクの管理でHDDやSSDのパーティションを分割をする方法

 

Windows 11のディスクの管理でHDDやSSDのパーティションを分割をする方法

そのDドライブに今回紹介する方法でこのように3Dオブジェクトフォルダーの保存場所を移動してシステムドライブ側に何らかの不具合が起きたとしても保存してある3Dモデルのデータファイルに影響が出ないようにしておく方も少なくないです。

⑦表示されるポップアップ内の「はい」をクリックする(Windows 11の3Dオブジェクト)

 

また、それにプラスしてデスクトップPCを使っているような方ですと、SSDをシステムドライブ用に、増設したHDDをファイルの保存用ディスクとして用途を使い分けたりしたい方なども今回紹介する方法で3Dオブジェクトフォルダーの保存場所をCドライブからDドライブなどの別なドライブへ移動させている方も少なくないです。

 

今回は、そのようにノートPCやデスクトップPCを使用している方関係なく色々とメリットがある、Windows 11で「3Dオブジェクト」フォルダーの保存場所をDドライブなどのCドライブ以外の場所へ変更する方法について紹介していきます。

Windows 11の3Dオブジェクトの保存場所をCドライブ以外(Dドライブなど)へ変更する方法

 

 

スポンサーリンク

Windows 11の3Dオブジェクトの保存場所をDドライブなどのCドライブ以外の場所へ変更する方法

 

今回は紹介例として、3D オブジェクトの保存場所をCドライブからDドライブへ変更する方法について紹介していきます。

 

①保存場所を変更する前に移動先のドライブへ「3D オブジェクト」フォルダーを作成しておく 重要!

 

まず、3D オブジェクトの保存場所をCドライブからDドライブなどの別なドライブへ変更していく前に移動先のドライブへあらかじめこのように「3D オブジェクト」フォルダーを新しく作成しておいてください。

(3D オブジェクトの名前を入力する際には、Dとオの間は半角スペースを開けるようにしてください。)

①保存場所を変更する前に移動先のドライブへ「3D オブジェクト」フォルダーを作成しておく(Windows 11)

 

※移動先のドライブに3D オブジェクトフォルダーをあらかじめ作成しておかないと、こちらの記事にあるようなことが起こってファイルの管理やファイルの保存場所を元に戻したりする際に色々と支障をきたすようになりますので、必ずあらかじめ移動先のドライブに3D オブジェクトフォルダーを作成しておくようにしておいてください。

「D:¥System Volume Informationより下の標準サブディレクトリの一覧を作成できませんでした。アクセスが拒否されました。」と表示されてダウンロードフォルダーなどの個人用フォルダーの保存場所をCドライブに戻せなくなってしまった時の対処法

 

②「3D オブジェクト」フォルダーを右クリックし、それで表示される中にある「プロパティ」をクリックして開く

 

次に「Cドライブ」→「ユーザー」→「ご自身のユーザー名」のフォルダー内にある「3D オブジェクト」フォルダーを右クリックし、それで表示される中にある「プロパティ」をクリックして開きます。

②「3D オブジェクト」フォルダーを右クリックし、それで表示される中にある「プロパティ」をクリックして開く(Windows 11)

 

③「場所」タブをクリックして開く

 

次に「3D オブジェクト」のプロパティの中にある「場所」タブをクリックして開きます。

③「場所」タブをクリックして開く(Windows 11の3Dオブジェクト)

 

④「移動」をクリックする

 

次に「場所」タブの中にある「移動」をクリックします。

④「移動」をクリックする(Windows 11の3Dオブジェクト)

 

⑤移動先のドライブにあらかじめ作成しておいた「3D オブジェクト」フォルダーをクリックして選択し、「フォルダーの選択」をクリックする

 

次にこのように移動先を指定する画面が表示されますので、

ドキュメントフォルダーの保存の移動先を指定する画面が表示される(Windows 11)

 

移動先のドライブ(今回の紹介例ですと、ドライブD)にあらかじめ作成しておいた「3D オブジェクト」フォルダーをクリックして選択し、

移動先のドライブにあらかじめ作成しておいた「3D オブジェクト」フォルダーをクリックして選択(Windows 11の3Dオブジェクト)

 

このように移動先が移動先のドライブの「3D オブジェクト」フォルダーに指定されましたら、「フォルダーの選択」をクリックします。

⑤移動先のドライブにあらかじめ作成しておいた「3D オブジェクト」フォルダーをクリックして選択し、「フォルダーの選択」をクリックする(Windows 11の3Dオブジェクト)

(今回、私の場合はDドライブの方へ「3D オブジェクト」フォルダーを移動したかったので、Dドライブの中に初めに作成しておいた「3D オブジェクト」フォルダーをクリックして選択し、「フォルダーの選択」をクリックしました。)

 

⑥「適用」をクリックする

 

次にCドライブにある「3D オブジェクト」フォルダーの保存場所が移動先のドライブの「3D オブジェクト」フォルダーにこのように設定されましたので、今行った設定を適用させるために「適用」をクリックします。

⑥「適用」をクリックする(Windows 11の3Dオブジェクト)

 

 

⑦表示されるポップアップ内の「はい」をクリックする

 

最後に適用していく中でこのようなポップアップが表示されますので、その中にある「はい」をクリックします。

⑦表示されるポップアップ内の「はい」をクリックする(Windows 11の3Dオブジェクト)

 

そうしますと、「3D オブジェクト」フォルダーの移動が実行され、

CドライブにあるピクチャフォルダーをDドライブなどの別なドライブのピクチャフォルダーへ移動している状態

 

それらの移動が終わって、移動先のドライブの「3D オブジェクト」フォルダーのアイコンがこのようになっていれば、Windows 11の3D オブジェクトフォルダーの保存場所の変更は完了となります。

Windows 11の3Dオブジェクトの保存場所をCドライブ以外(Dドライブなど)へ変更する方法

 

 

-Windows 11

Copyright© ベポくまブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.