Windows 10でレジストリをバックアップする方法&復元する方法!

 

Windows 10では、レジストリエディターで編集をして様々な設定の変更をすることが出来ますが、編集を誤ってPCが正常に動作しなくなってしまうこともあるかと思います。

 

今回は、そのような問題が起きてしまっても元の状態に戻すことが出来るようにするための方法として、レジストリを編集する前に予めレジストリをバックアップしておく方法とレジストリを復元する方法について紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

Windows 10でレジストリをバックアップする方法!

 

まず、レジストリエディターを起動します。(レジストリエディターを起動する方法がわからない方はこちらの記事をご覧ください。)

Windows 10でレジストリエディターを起動する方法!

 

レジストリエディターを起動しましたら、「コンピューター」を選択した状態で「ファイル」をクリックします。

レジストリエディターを起動したらコンピューターを選択した状態でファイルをクリックする

 

次にファイルのメニュー内にある「エクスポート」をクリックします。

ファイルのメニュー内にある「エクスポート」をクリックする

 

最後にレジストリのバックアップデータをこのように名前を付けてお好みの場所へ保存して完了です。

レジストリのバックアップデータをこのように名前を付けてお好みの場所へ保存して完了

 

保存しますとこのようになります。

レジストリのバックアップデータを保存した状態

 

 

バックアップしたレジストリを復元する方法!

 

バックアップしたレジストリを復元するには、先ほど保存したレジストリのバックアップファイルをダブルクリックします。

レジストリのバックアップデータを保存した状態

 

そうしますと、このようにユーザーアカウント制御が表示されますので「はい」をクリックします。

ユーザーアカウント制御が表示されるのではいをクリックする

 

次にこのように表示されますが、「はい」をクリックして続行します。

レジストリを復元する際の最終確認画面が表示されるので「はい」をクリックして続行する

 

最後に「レジストリに正常に追加されました。」と表示されていれば完了です。

 

-Windows 10, パソコン, レジストリ

Copyright© ベポくまブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.