Windows 10でレジストリエディターを起動する方法!

 

Windows 10では、OSやアプリ、周辺機器などの細かな設定情報をレジストリと呼ばれるデータベースに保存しています。

 

コントロールパネルやWindowsの設定などから行う設定の変更の情報なども最終的にはそのレジストリに保存されますが、コントロールパネルやWindowsの設定から変更できるのは設定項目の一部であり、コントロールパネルやWindowsの設定などからWindows 10に関する全ての設定を変更することが出来るというわけではありません。

レジストリエディター

 

そこで今回は、コントロールパネルやWindowsの設定などよりも更に詳細にWindows 10に関する設定の変更を行うことが出来るレジストリエディターをWindows 10で起動する方法について紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

Windows 10でレジストリエディターを起動する方法!

 

タスクバーにある検索ボックスを利用してレジストリエディターを起動する方法!

 

まず、タスクバーにある検索ボックスをクリックします。

Windows10のタスクバーにある検索機能を使ってコントロールパネルを開く

 

次にその検索ボックスに「regedit」と入力します。

タスクバーにある検索ボックスにregeditと入力する

 

そうしますと、このように検索結果へレジストリエディターが表示されますので、それをクリックします。(通常は管理者から実行で起動する必要はありません。)

 

タスクバーにある検索ボックスにregeditと入力するとレジストリエディターが検索結果に表示される

 

最後にユーザーアカウント制御が表示されますので「はい」をクリックします。

ユーザーアカウント制御が表示されるのではいをクリックする

 

そうしますと、このようにレジストリエディターが起動します。

レジストリエディター

 

ファイル名を指定して実行からレジストリエディターを起動する方法!

 

まず、タスクバーにあるWindowsのスタートボタンボタンを右クリックし、それで表示される中の「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

スタートを右クリックしてそこに表示される「ファイル名を指定して実行」をクリックして起動する

 

そうしますと、「ファイル名を指定して実行」が表示されますので、それの名前の中に「regedit」と入力をしOKをクリックします。

ファイル名を指定して実行の名前の中にregeditと入力をしOKをクリックする

 

最後にユーザーアカウント制御が表示されますので「はい」をクリックします。

ユーザーアカウント制御が表示されるのではいをクリックする

 

そうしますと、このようにレジストリエディターが起動します。

レジストリエディター

 

-Windows 10, パソコン, レジストリ

Copyright© ベポくまブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.