Windows 10でタスクバーをマウスカーソルを合わせた時にだけ表示するようにする(タスクバーを隠す)方法!

 

Windows 10では、Google Chromeなどのブラウザや何かのアプリを開いているときなどにも常時画面の下にタスクバーが表示されたままとなっていますが、この常時タスクバーが表示されているのは、人によっては何かの作業をしているときなどに邪魔だと感じる方もいるかと思います。

Windows 10の初期設定状態でのタスクバーの大きさ

 

そこで今回は、そのような方向けにタスクバーが設置されている位置(初期設定状態では画面の下)にマウスカーソルを合わせない限りは、タスクバーをこのように表示させないようにする(非表示にする)設定方法について紹介していきます。

Windows10でデスクトップモードでタスクバーを自動的に隠すをオンに設定している状態

 

 

スポンサーリンク

Windows 10でタスクバーをマウスカーソルを合わせた時にだけ表示するようにするようにし、通常は非表示にしておくように設定する方法!

 

まず、タスクバーに設置してある「検索ボックス」、「タスクビュー」または「タスクバーのアイコンが設置されていない余白の部分」の内のどれかにマウスカーソルを合わせた状態で右クリックをします。

「検索ボックス」、「タスクビュー」または「タスクバーのアイコンが設置されていない余白の部分」のどれかにマウスカーソルを合わせた状態で右クリックする

 

次にこのようなメニューが表示されますので、一番下にある「タスクバーの設定」をクリックして開きます。

タスクバーの設定をクリックして開く

 

次に「タスクバーの設定」の中にある「デスクトップモードでタスクバーを自動的に隠す」をクリックして、初期設定では「オフ」になっているところをこのように「オン」に設定します。

「タスクバーの設定」の中にある「デスクトップモードでタスクバーを自動的に隠す」をクリックして「オン」に設定します。

 

そうしますと、このようにタスクバーが設置されている位置にマウスカーソルを合わせない限りは、タスクバーを非表示にしておくようにすることができます。

Windows10でデスクトップモードでタスクバーを自動的に隠すをオンに設定している状態

 

-Windows 10

Copyright© ベポくまブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.