Windows 10でタスクバーを小さく表示させる(幅を狭く表示させる)方法!

 

Windows 10にあるタスクバーは、初期設定の状態では画面に占めるタスクバーの割合が比較的に大きく(幅が広めの状態)設定されていますが、今回はこれを

Windows 10の初期設定状態でのタスクバーの大きさ

 

このようにタスクバーとその中にあるアプリのアイコンなども含めて小さく表示させる(幅が狭めの状態)設定方法について紹介していきます。

タスクバーを小さく表示させる方法

 

この設定方法は、特に4KなどのフルHD画質以上のモニターをお使いの方で画面表示を拡大させて利用していて、タスクバーが大きすぎると感じているような方などにおすすめの方法となります。

 

 

スポンサーリンク

Windows 10でタスクバーを小さく表示させる(幅を狭く表示させる)方法!

 

まず、タスクバーに設置してある「検索ボックス」、「タスクビュー」または「タスクバーのアイコンが設置されていない余白の部分」の内のどれかにマウスカーソルを合わせた状態で右クリックをします。

「検索ボックス」、「タスクビュー」または「タスクバーのアイコンが設置されていない余白の部分」のどれかにマウスカーソルを合わせた状態で右クリックする

 

次にこのようなメニューが表示されますので、一番下にある「タスクバーの設定」をクリックして開きます。

タスクバーの設定をクリックして開く

 

次に「タスクバーの設定」の中にある「小さいタスクバーボタンを使う」をクリックして、初期設定では「オフ」になっているところをこのように「オン」に設定します。

「タスクバーの設定」の中にある「小さいタスクバーボタンを使う」をクリックして、「オフ」になっているところをこのように「オン」に設定します。

 

そうしますと、このようにタスクバーを小さく表示させることができ、その中にあるアプリのアイコンも小さく表示させることができます。

タスクバーを小さく表示させる方法

 

-Windows 10

Copyright© ベポくまブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.