Apex Legendsで試合中にプレイ画面上にFPSやレイテンシ(Ping値)を表示する方法!

 

2020年10月のアップデートにより、遂にApex Legendsにもクロスプレイが実装されましたが、

Apex Legendsでクロスプレイをオフ(無効)に設定する方法!

 

そのクロスプレイの実装と同時に試合中の右上のプレイ画面上にこのようにリアルタイムのFPSとレイテンシ(Ping値)を表示することができる新機能も追加されました。

Apex Legendsで試合中にプレイ画面上にFPSやレイテンシ(Ping値)を表示する方法!

今までですと、FPSの表示はOriginのFPS表示設定やApex Legendsの起動オプションにFPSを表示させるコマンドの入力、FPSを表示させるソフトを使うなどといった方法がありましたが、

「コマンドライン引数」の中へ「+cl-showfps 4」と入力またはコピペするとこのようにゲームの画面上の左上にFPSを表示させることができる

遅延(レイテンシ)がどのくらいかを示すPing値に関しては、このようにメニュー画面の前の起動時のホーム画面の所からしか一時的に確認することができず、リアルタイムでPing値を確認することはできませんでした。

設置されているサーバーの一覧やPINGなどが表示される

 

しかし、今回のアップデートにより、先ほども紹介しましたようにこのようにリアルタイムでレイテンシ(Ping値)も知ることができるようになりましたので、今回はこのレイテンシ(Ping値)やFPSを表示する設定方法について紹介していきます。

Apex Legendsで試合中のプレイ画面上にFPSやレイテンシ(Ping値)を表示する

 

 

スポンサーリンク

Apex Legendsで試合中にプレイ画面上にFPSやレイテンシ(Ping値)を表示する方法!

 

まず、Apex Legendsを起動してメニュー画面へ入り、メニュー画面の右下にある歯車アイコンを選択して設定画面を開きます。

ゲーム内画面にある歯車アイコンをクリックします

 

次に設定画面の「ゲームプレイ」の設定の中の下の方にある「パフォーマンス表示」となっている所を、初期設定のままですとこのようにオフになっていますので、

設定画面の「ゲームプレイ」の設定の中の下の方にある「パフォーマンス表示」となっている所を、初期設定のままですとこのようにオフになっている

 

このようにオンに設定します。

設定画面の「ゲームプレイ」の設定の中の下の方にある「パフォーマンス表示」となっている所をオンに設定する

 

 

そうしますと、このように試合中のプレイ画面の右上の方にFPSやレイテンシ(Ping値)などが表示されるようになります。

Apex Legendsで試合中にプレイ画面上にFPSやレイテンシ(Ping値)を表示する方法!

Apex Legendsで試合中のプレイ画面上にFPSやレイテンシ(Ping値)を表示する

 

私の場合は、このPing値が27msとなっている時にこのサーバーに入るときのホーム画面上ではPing値が9~12msとなっていましたので、大分ホーム画面上のPing値と試合中のリアルタイムでのPing値とに開きがあるなと感じました。

 

それですので、サーバーに入る前の起動時のホーム画面上のPing値では数値が低くても試合中にラグなどを感じる方は、一度「パフォーマンス表示」をオンにしてみて試合中のPing値を確かめてみることをおすすめします。

 

「パフォーマンス表示」をオンにする際の注意点

 

パフォーマンス表示をオンにすることで試合中のプレイ画面の右上の方にFPSやレイテンシ(Ping値)などが表示されるようになりますが、10月7日時点ですと、不具合なのかどうかはわかりませんが、ランクマッチをしている際にこのようにパフォーマンス表示がキル数やアシスト数が表示されるところに覆いかぶさった状態で表示されてしまい、キル数やアシスト数が確認できなくなってしまいますので、

パフォーマンス表示をオンにするとランクマッチ時のキル数やアシスト数が隠れてしまう

今のところはランクマッチをプレイする際はパフォーマンス表示をオフにしておくのをおすすめします。

 

 

-Apex Legends, ゲーム

Copyright© ベポくまブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.