PC関連を中心とした電化製品のレビューやソフトの紹介、修理方法などをPC初心者の方でもわかりやすいように画像などを用いながら詳しく紹介していきます。

ベポくまブログ

Apex Legends ゲーム

【2020年版】PC、PS4でも出来るApex Legendsで手動で接続先サーバー(データセンター)を選んだりPINGを調べたりする方法!

 

Apex Legendsで手動で接続先サーバー(データセンター)を選んだりPINGを調べたりする方法は、シーズン2のアップデートから仕様が少し変更されましたので(今までの裏技みたいな方法ではなくなった。)、今回はシーズン2以降でのApex Legendsで手動で接続先サーバー(データセンター)を選んだりPINGを調べたりする方法について紹介していきます。

 

今回紹介する方法は、2020年3月24日時点での方法となります。(シーズン2で仕様が少し変更されて以降は今のシーズン4まで仕様は変更されていませんので、ここから先もあまりこれに関しての仕様は変更されないかと思います。)

 

PC版を中心にやり方を説明していきますが、このやり方に関してはPC版もPS4版などのコンシューマー版もマウスやキーボードとコントローラーを使うかどうかだけの違いなので大丈夫です。

 

Apex Legendsで接続先サーバー(データセンター)を選んだりPINGを調べたりする方法!

 

まず、PC版やPS4などのコンシューマー版関係なく普通にApex Legendsを起動します。

apex legendsを普通に起動し、ホーム画面が表示されたらTABキーが反映されるかマウスカーソルで選択できるまで少し待つ

 

次にこのようにApex Legendsのホーム画面が表示されましたら、PC版でしたらこの赤で囲った部分がグレー色になりTABキーを押して反映されるまで数秒待つ若しくは赤で囲った部分をマウスカーソルで選択できるようになりクリックできるようになるまで数秒待ちます。

 

PS4などのコンシューマー機の場合は、この赤で囲った部分がグレー色になり選択できるようになるまで数秒待ち、そこが選択できるようになりましたらそこを選択します。

 

 

因みにApex Legendsを起動するとこの赤で囲った部分が下に表示されていますが、これは今自分が繋がっているApex Legendsのサーバーとなります。

基本的に最初はApex Legendsを起動した時点でどこかのサーバーへ自動で接続されます。(この画像の場合でしたら、Apex Legendsを起動した時点で自動で東京GCE3サーバーに接続されており、PINGは10~13ms、パケットロスは0%となっております。)

 

話を戻しますが、グレー色になった部分を選択しますと、このようにApex Legendsのサーバーの一覧が表示されます。今繋がっているサーバーがオレンジ色?で表示されます。

このサーバーの中から自分が繋ぎたいサーバーへとつなぎ場合は、そのサーバー名のところをPC版でしたらクリック、PS4などのコンシューマー版でしたら×ボタンで選択します。(基本的にはPINGが一番低い値のサーバーを選択するのをおすすめします。)

今回は私の場合は説明する例として東京サーバーへ接続してみます。

PINGが一番低い値のサーバーを選択するのがおすすめ

設置されているサーバーの一覧やそれらのサーバーのPINGなどを表示させ、PINGが低いサーバーを選ぶ

 

自分が繋ぎたいサーバーを選択しますと、Apex Legendsのホーム画面へと戻され、このようにデータセンターの隣に表示されるサーバーが自分が先ほど選んだサーバーになっていればOKです。

自分が繋ぎたいサーバーを選択しますと、Apex Legendsのホーム画面へと戻され、このようにデータセンターに表示されるサーバーが自分が先ほど選んだサーバーになっていればOK

 

これで完了ですので、後はいつも通り「次に進む」でApex Legendsを始めましょう!

-Apex Legends, ゲーム

Copyright© ベポくまブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.