ダウンロードなどの個人用フォルダーの名前がD:¥(Dドライブの直下)になってしまっているときの対処法

 

この記事をご覧になっている方の中で、ダウンロードなどのCドライブにある個人用フォルダーの保存場所をCドライブからDドライブへ移動する際にDドライブに新たに作成したダウンロードフォルダー内にではなく、間違ってこのようにDドライブ直下に移動する設定にしてしまった方はいませんか?

ダウンロードフォルダーの保存場所をCドライブからDドライブのダウンロードフォルダー内にではなく、間違ってこのようにDドライブ直下に設定してしまった

 

また、そのようにしてしまった方の中には、こちらの記事にある方法で一度Dドライブ直下からCドライブへ戻して一からやり直そうにも元に戻す過程でこのようなポップアップが表示されて戻せず、

「System Volume Informationより下の標準サブディレクトリの一覧を作成できませんでした。アクセスが拒否されました。」と表示されてしまった時の対処法

 

また、元に戻せないだけでなく、今度はこのようにダウンロードなどの個人用フォルダー名がダウンロードなどの個人用フォルダー名ではなく「D:¥」とDドライブの直下の名前になってしまっている状態の方もいるかと思います。

ダウンロードフォルダーの名前がD:¥(ボリュームDの直下)になってしまっている時の対処法

 

そこで今回は、そのような状態になってしまっている方向けに個人用フォルダー名やダウンロードフォルダーの保存場所をCドライブへと戻すことも含めてこのように元の状態に戻す方法について紹介していきます。

ダウンロードフォルダーの名前が「ボリュームDの直下」から元に戻すことができ、またダウンロードフォルダーの保存場所もCドライブに戻すことができる

 

 

スポンサーリンク

ダウンロードなどの個人用フォルダーの名前がD:¥(Dドライブの直下)になってしまっているときの対処法

 

今回は紹介例として、個人用フォルダーの中でもダウンロードフォルダーの名前がD:¥(Dドライブの直下)になってしまっているときの対処法について紹介していきます。

 

ダウンロードフォルダー以外の個人用フォルダーの場合でも今回紹介する手順の①の際に選択する個人用フォルダーがそれぞれ違うだけでそれ以降の手順はすべて同じですので、この記事をご覧になり参考にしていただければ幸いです。

 

①D:¥(Dドライブの直下)を右クリックし、それで表示される中にある「プロパティ」をクリックして開く

 

まず、エクスプローラーを開いて「D:¥(Dドライブの直下)」フォルダーを右クリックし、それで表示される中にある「プロパティ」をクリックして開きます。

①ボリュームDの直下を右クリックし、それで表示される中にある「プロパティ」をクリックして開く

 

②「場所」タブをクリックして開く

 

次に「D:¥(Dドライブの直下)」のプロパティの中にある「場所」タブをクリックして開きます。

②「場所」タブをクリックして開く

 

③「標準に戻す」をクリックする

 

次に「場所」タブの中にある「標準に戻す」をクリックします。

③「標準に戻す」をクリックする

 

④「適用」をクリックする

 

次にダウンロードフォルダーのファイルの保存場所の指定がこのようになりましたら「適用」をクリックします。

④「適用」をクリックする

 

⑤「元の場所のすべてのファイルを、新しい場所に移動しますか?」と聞かれるが、「はい」ではなく「いいえ」をクリックする 重要!

 

次に「元の場所のすべてのファイルを、新しい場所に移動しますか?」といったポップアップが表示されますが、この時「はい」ではなく「いいえ」をクリックします。

「元の場所のすべてのファイルを、新しい場所に移動しますか」と聞かれるが「はい」ではなく「いいえ」をクリックする

 

⑥一度サインアウトする

 

次にこのように「D:¥(Dドライブの直下)」のプロパティへ戻りますので、

「ボリュームDの直下」のプロパティへ戻るので一度サインアウトする

 

そのようになりましたら、一度サインアウト(再起動でもOKです)して入り直します。

一度サインアウトする

 

⑦「D:¥(Dドライブの直下)」に残ったままとなっているファイルを手動でCドライブのダウンロードフォルダーに移動させる

 

次にサインアウトして入り直しますと、このようにダウンロードフォルダー名が「D:¥(Dドライブの直下)」から「ダウンロード」へと元の名前の状態に戻り、

ダウンロードフォルダーの名前が「ボリュームDの直下」から元に戻すことができ、またダウンロードフォルダーの保存場所もCドライブに戻すことができる

また、ダウンロードフォルダーのファイルの保存場所も「D:¥(Dドライブの直下)」からCドライブに戻りますが、

保存場所をCドライブに戻しただけではダウンロードフォルダーの中身はボリュームに移動されたままとなっている

ダウンロードフォルダーのファイルの保存場所が「D:¥(Dドライブの直下)」からCドライブに戻ってもファイル自体はこのように「D:¥(Dドライブの直下)」に残ったままとなっていますので、

ボリュームDに残っているダウンロードフォルダーのファイルなどをCドライブのダウンロードフォルダーへ移動させて完了となります

 

最後にそれらのファイルを手動でCドライブのダウンロードフォルダーへ移動させて完了となります。

ボリュームD直下に残っているファイルを手動でCドライブのダウンロードフォルダーへ移動させる

 

-Windows 10

Copyright© ベポくまブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.