PC関連を中心とした電化製品のレビューやソフトの紹介、修理方法などをPC初心者の方でもわかりやすいように画像などを用いながら詳しく紹介していきます。

ベポくまブログ

Apex Legends ironsight PC初心者向け講座 ゲーム パソコン

仮想メモリを停止(オフ)にする方法!FPSをやっている方におすすめ!

投稿日:

今回は、設定することでPCが高速化するかもしれない、仮想メモリを停止(オフ)にする方法について紹介していきます。

 

これは、ある程度メモリに余裕がある環境下の方におすすめの設定となります。(最低8GB以上、推奨16GB以上)

 

仮想メモリを停止(オフ)にすることは、良いのか悪いのか色々な意見がありますので、ご自身の環境下で試してみて判断してください。

 

 

仮想メモリを停止(オフ)にする方法!

 

まず、キーボードにあるWindowsキーWindowsのスタートボタンを押しながらPAUSE BREAKキー(キーボードの右上の方にあります。)を押して、コントロールパネルの「システム」画面を開きます。

Windowキーを押しながらPAUSE BREAKキーを押して、コントロールパネルの「システム」画面を開く

そうしましたら、「システム」画面の左の方にあります「システムの詳細設定」を左クリックします。

 

すると、システムのプロパティが表示されますので、そこにある「詳細設定」を左クリックして開き、パフォーマンスの設定を左クリックします。

システムのプロパティの詳細設定にあるパフォーマンスの設定をクリックする

 

すると、パフォーマンスオプションが開かれますので、そこの詳細設定にある仮想メモリの変更を左クリックします。

パフォーマンスオプションの詳細設定にある仮想メモリの変更をクリック

 

そうしますと、仮想メモリを設定する画面が表示されますので、「すべてのドライブのページングファイルのサイズを自動的に管理する」のチェックを外します。

仮想メモリの設定画面

そして、Cドライブを選択し、「ページングファイルなし」を選択して「設定」を左クリックします。

 

そうしますと、このようにシステムのプロパティのポップアップが表示されますが、「はい」を左クリックしてそのまま続行します。

システムのプロパティのポップアップが表示されるが「はい」を左クリックして続行する

 

そうしますと、パフォーマンスオプションに戻るので、下にある「OK」を左クリックします。

 

すると、このようにシステムのプロパティのポップアップが表示され再起動を促されますので、PCを再起動します。

システムのプロパティのポップアップが表示され、再起動を促される

 

PCを再起動しましたら、仮想メモリがオフになっているか「パフォーマンスオプション」を開いて確認してください。

すべてのドライブの総ページングファイルサイズが0MBになっていればOK

このようにすべてのドライブの総ページングファイルサイズが0MBになっていれば、仮想メモリがオフになっていますのでこれで仮想メモリを停止(オフ)にする設定は完了です。

 

 

仮想メモリをオフにした後の注意点!

 

仮想メモリをオフにした後に、もしかしたらPCゲームや編集ソフトなどのメモリを多く使うソフトを使っている際に不具合が起きることがあるかもしれません。(メモリが8GBと、多くも少なくもない容量ですと不具合が起こるかもしれません。)

 

そのような時は、先程設定した「仮想メモリ」の設定画面でご自身の環境下で不具合が起きない程度の最小限の仮想メモリを設定してあげるようにしてください。(アプリによっては仮想メモリをメモリ不足の有無に関係なく使用するものもあるようです。)

 

 

まとめ

 

メモリを24GB積んでいる私の環境下では、仮想メモリをオフにしてしばらく経ちますが、仮想メモリをオフにして生じるような不具合は今の所一度も起きていません。

 

この仮想メモリをオフにすることは、色々と調べてみますと賛否両論あるようです。

 

それですので、不具合が起きないかどうか、様子を見ながら試してみてください。

 

-Apex Legends, ironsight, PC初心者向け講座, ゲーム, パソコン

Copyright© ベポくまブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.