ワードプレスやWord、Excelなどでショートカットキーを用いて選択した文字を太字や下線、斜体に変更する方法!

 

通常、ワードプレスやWord、Excelなどで文字を太字や下線、斜体にするには、Wordを例にしますと、このように文字を選択した状態で

太字や下線、斜体にしたい文字を選択する

リボンのグループ内にあるこの3つのアイコンをそれぞれクリックして太字や下線、斜体にするかと思います。

通常、ワードプレスやWord、Excelなどで文字を太字や下線、斜体にするには、このように文字を選択した状態でWordを例にしますと、リボンのグループ内にあるこの3つのアイコンをそれぞれクリックして太字や下線、斜体にする

 

しかし、今回はそのような方法を用いらなくても、ワードプレスやWord、Excelなどでショートカットキーを用いることで簡単に選択した文字をこのように太字や下線、斜体にする方法がありますので紹介していきます。

文字を選択した状態でコントロールキーを押しながらBキーを押すと太字になる文字を選択した状態でコントロールキーを押しながらUキーを押すと下線を付けることが出来る文字を選択した状態でコントロールキーを押しながらIキーを押すと斜体になる

 

 

スポンサーリンク

ワードプレスやWord、Excelなどでショートカットキーを用いて選択した文字を太字や下線、斜体に変更する方法!

 

ショートカットキーを用いて選択した文字を太字にする方法!

 

まず、太字にしたい文字を選択した状態でキーボードのctrlキーキーを押しながらBキーキーを押します。(このショートカットキーの覚え方としましては、Bが太いの英語である「bold」の頭文字をとったものだと理解しておくと簡単に覚えられるかと思います。)

太字や下線、斜体にしたい文字を選択する

太字にしたい文字を選択した状態でコントロールキーを押しながらBキーを押す

 

そうしますと、選択した文字がこのように太字になります。

文字を選択した状態でコントロールキーを押しながらBキーを押すと太字になる

 

ショートカットキーを用いて選択した文字に下線を付ける方法!

 

まず、下線を付けたい文字を選択した状態でキーボードのctrlキーキーを押しながらUキーキーを押します。(このショートカットキーの覚え方としましては、Uが下線の英語である「Underline」の頭文字をとったものだと理解しておくと簡単に覚えられるかと思います。)

太字や下線、斜体にしたい文字を選択する

文字を選択した状態でコントロールキーを押しながらUキーを押す

 

そうしますと、選択した文字がこのように下線付きになります。

文字を選択した状態でコントロールキーを押しながらUキーを押すと下線を付けることが出来る

 

ショートカットキーを用いて選択した文字を斜体にする方法!

 

まず、斜体にしたい文字を選択した状態でキーボードのctrlキーキーを押しながらIキーキーを押します。(このショートカットキーの覚え方としましては、Iが傾斜の付いた

書体である「イタリック体」の英語である「Italic」の頭文字をとったものだと理解しておくと簡単に覚えられるかと思います。)

太字や下線、斜体にしたい文字を選択する

斜体にしたい文字を選択した状態でコントロールキーを押しながらIキーを押す!

 

そうしますと、選択した文字がこのように斜体になります。

文字を選択した状態でコントロールキーを押しながらIキーを押すと斜体になる

 

-Windows 10, ショートカットキー, ワードプレス

Copyright© ベポくまブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.