Windows 11で「このwindowsdefenderリンクを開くには新しいアプリが必要です」と表示されてWindowsセキュリティを開くことができない時の対処法

 

Windows 10からWindows 11へのアップグレードした後やWindows 11のバージョンをアップグレードした後などにWindowsセキュリティを開こうとすると、「このwindowsdefenderリンクを開くには新しいアプリが必要です」といったポップアップが表示されてWindowsセキュリティを開くことができないことがあるかと思います。

(私の場合は、Windows 10からWindows 11へアップグレードした後にこの現象が起こりました。)

Windows11 でWindowsセキュリティが開けない時の対処法

 

今回は、この「このwindowsdefenderリンクを開くには新しいアプリが必要です」と表示されてWindowsセキュリティを開くことができない時にWindowsセキュリティを開くことができるようにする方法について紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

Windows 11で「このwindowsdefenderリンクを開くには新しいアプリが必要です」と表示されてWindowsセキュリティを開くことができない時の対処法

 

①管理者権限でWindows PowerShellを起動する

 

まず、管理者権限でWindows PowerShellを起動します。

管理者権限でWindows 11のWindows PowerShellを起動した状態

 

※Windows PowerShellを管理者権限で起動する方法は、タスクバーにある検索アイコンをクリックして検索欄へ「Windows PowerShell」と入力するとWindows PowerShellが表示されますので、その中にある「管理者として実行する」をクリックすることでWindows PowerShellを管理者権限で起動することができます。

①管理者権限でWindows PowerShellを起動する

 

②コマンドを入力して実行する

 

次に以下のコマンドをコピペしてエンターキーを押して実行します。

Windowsセキュリティを開くことができるようにするためのコマンドを入力して実行する

 

コピペするコマンド

Get-AppxPackage Microsoft.SecHealthUI -AllUsers | Reset-AppxPackage

 

そうしますと、先ほどまで開けなかったWindowsセキュリティを開くことができるようになります。

Windows11のWindowsセキュリティ

※因みに今回起きたこの問題はWindows 11ではよくある問題なようなので覚えてくことをおすすめします。

-Windows 11

Copyright© ベポくまブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.