UpdraftPlusでバックアップデータをGoogleドライブなどのオンラインストレージに保存する方法!サーバーの容量を圧迫させたくない方におすすめ!

 

UpdraftPlusでバックアップデータを取ると初期設定の状態では、そのままサーバー上に保存されることかと思いますが、これ見て頂ければわかりますように一回のバックアップだけで400MBほどあり、結構サーバーの容量を圧迫してしまいます。(因みに私の場合のバックアップを取っていない状態のUpdraftPlusが消費しているサーバーの容量は17.2MBでした。)

1つバックアップを取るだけでもサーバーの容量が結構消費される!

 

それですので、今回はなるべくサーバーの容量を圧迫しないための対策として、UpdraftPlusでバックアップデータをGoogleドライブなどのオンラインストレージに保存する方法について紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

UpdraftPlusでバックアップデータをGoogleドライブなどのオンラインストレージに保存する方法!

 

まず、ワードプレスの管理画面の「設定」の中にある「UpdraftPlus Backups」をクリックし、UpdraftPlus Backup/Restoreを表示させます。

ワードプレスの管理画面の「設定」の中にある「UpdraftPlus Backups」をクリックする

 

次にUpdraftPlus/Backup Restoreにある設定タブをクリックします。

UpdraftPlus Backup Restoreにある設定タブをクリックする

 

そうしますと、このように表示されますので、「保存先を選択」の中からどのオンラインストレージにバックアップデータを保存するかを選択しそれをクリックします。

保存先を選択の中からどのオンラインストレージなどにバックアップデータを保存するかを選択する

 

次に「保存先を選択」の下にオンラインストレージの設定画面が表示されますので、Googleドライブでしたら、Google認証の隣にある「After you have saved your settings (by clicking 'Save Changes' below), then come back here once and follow this link to complete authentication with Google Drive.」をクリックしてUpdraftPlusと自分のGoogleドライブのアカウントとを紐付けしていきます。

Google認証の隣にあるAfter you have saved your settingsをクリックして認証を行っていく

 

紐付する際の順序はこのようになります。

まず、自分のGoogleのアカウントをクリックして選択します。

UpdraftPlusと自分のGoogleドライブのアカウントとを紐付けしていく

 

すると、「UpdraftPlus が Google アカウントへのアクセスをリクエストしています」と表示されるので右下にある「許可」をクリックします。

UpdraftPlus が Google アカウントへのアクセスをリクエストしていますと表示されるので右下にある許可をクリックする

 

最後にこのように表示されますので、下にある「Complete setup」をクリックします。

Complete setupをクリックする

 

そうしますと、このようにUpdraftPlus Backup/Restoreに戻りますので、そこに「成功: Google Driveアカウントを認証しました。」と表示されていればUpdraftPlusと自分のGoogleドライブのアカウントとを紐付けが完了となります。

UpdraftPlus Backup Restoreに戻り、成功 Google Driveアカウントを認証しました。と表示されていればOK

 

後は、手動でオンラインストレージにバックアップをする場合は、「今すぐバックアップ」をクリックし、

「UpdraftPlus Backup Restore」が表示されますので、その中にある「今すぐバックアップ」をクリックします

 

確認画面で「このバックアップをリモートストレージに送信」にチェックが入っていることを確認してから再度「今すぐバックアップ」をクリックしてバックアップを開始します。

UpdraftPlusでバックアップする際に「このバックアップをリモートストレージに送信」にチェックが入っていることを確認してから行う

 

バックアップを開始しますと、このように表示されますので、終わるまでしばらく待ちます。

リモートストレージへのバックアップが始まるのでしばらく待つ

 

バックアップが終了しますと、このように通知がされ、

バックアップが終了すると「バックアップの実行が終了しました」と表示される

バックアップしたものがこのように表示され、オンラインストレージ上にバックアップしたものには、そのオンラインストレージサービスのアイコンのマークが付きます。

リモートストレージへのバックアップされたファイルはそのリモートストレージのアイコンが付いているので違いが分かる

 

Google Driveの方にはこのようにバックアップデータが保存されます。

Googleドライブなどのオンラインストレージに保存される

Googleドライブなどのオンラインストレージにこのように保存される

 

手動ではなく、自動で定期的にオンラインストレージにバックアップしたい方は、今回紹介したUpdraftPlusと自分のGoogleドライブのアカウントとを紐付けする設定とこちらの記事で紹介した方法とを組み合わることでオンラインストレージの方にも自動で定期的にバックアップを取ることが出来るようになります。

UpdraftPlusにある機能を使って自動で定期的にバックアップが行われるようにする方法!

 

 

-ワードプレス

Copyright© ベポくまブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.