iPhoneやiPadの画面の明るさが自動で勝手に変わってしまわないようにする方法

 

iPhoneやiPadで画面の明るさを変更したいときには、「設定」の「画面表示と明るさ」やコントロールセンターなどから変更することができますが、

iPhoneやiPadで画面の明るさを変更したいときには、「設定」の「画面表示と明るさ」から変更できるコントロールセンターで画面の明るさを調節する

この記事をご覧になっている方の中でその明るさの変更をした後にいつの間にか自動で勝手に画面の明るさが変更されてしまうことはありませんか?

 

今回は、そのiPhoneやiPadで画面の明るさが勝手に変わってしまわないようにその原因である画面の明るさの自動調節機能をオフにする方法について紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

iPhoneやiPadの画面の明るさが勝手に変わってしまわないようにする方法(画面の明るさの自動調節機能をオフにする方法)

 

 

①「設定」をタップして開く

 

まず、ホーム画面にある「設定」をタップして開きます。

 

①「設定」をタップして開く

 

②「アクセシビリティ」をタップして開く

 

次に「設定」の少し下へスクロールした中にある「アクセシビリティ」をタップして開きます。

②「アクセシビリティ」をタップして開く

 

③「画面表示とテキストサイズ」をタップして開く

 

次に「アクセシビリティ」の中にある「画面表示とテキストサイズ」をタップして開きます。

③「画面表示とテキストサイズ」をタップして開く

 

④「明るさの自動調節」をオフにする

 

次に「画面表示とテキストサイズ」の中の一番下にある「明るさの自動調節」が初期設定のままですとこのようにオンになっていますので、それをタップして

初期設定では「明るさの自動調節」がオンになっている

このようにオフにします

④「明るさの自動調節」をオフにする

 

これでiPhoneやiPadで自動で画面の明るさが変更されないようにする設定は完了です。

 

 

-iPhone/iPad

Copyright© ベポくまブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.