【Windows11】ドキュメントフォルダーをタスクバーにピン留めする方法

 

Windows 11のドキュメントフォルダーは、スタートメニューにはこのようにピン留めすることができますが、タスクバーには通常の方法ですとピン留めすることはできません。

(一般的なアプリケーションと同じようにドキュメントフォルダーをタスクバーへドラッグ&ドロップしてピン留めしようにも禁止マークが表示されてピン留めすることができません。)

Windows11のドキュメントフォルダーは、通常の方法でもスタートメニューにはこのようにピン留めすることができる

 

それですので、ドキュメントフォルダーを開く機会が多くなるべく早くドキュメントフォルダーへアクセスしたい方にとっては、ワンクリックで開くことができるタスクバーにではなくフォルダーを開くまでに2クリックを要するスタートメニューにしかピン留めすることができないというのは不便だと感じる方もいるかと思います。

 

そこで今回は、そのような方向けに通常の方法ではタスクバーにピン留めすることができないドキュメントフォルダーをこのようにピン留めする方法がありますので紹介していきます。

【Windows11】ドキュメントフォルダーをタスクバーにピン留めする方法

 

 

目次

スポンサーリンク

【Windows11】ドキュメントフォルダーをタスクバーにピン留めする方法

 

①デスクトップ上で右クリックをし、「新規作成」内にある「ショートカット」をクリックする

 

まず、デスクトップ上で右クリックをし、「新規作成」にマウスカーソルを合わせて表示された中にある「ショートカット」をクリックします。

①デスクトップ上で右クリックをし、「新規作成」内にある「ショートカット」をクリックする

 

②ショートカットの作成画面内にある「参照」をクリックする

 

次にショートカットの作成画面が表示されますので、「参照」をクリックします。

②ショートカットの作成画面内にある「参照」をクリックする

 

 

③ドキュメントフォルダーを選択して「OK」をクリックする

 

次にタスクバーにピン留めしたいフォルダーである「ドキュメント」フォルダーをクリックして選択した状態にし「OK」をクリックします。

③ドキュメントフォルダーを選択して「OK」をクリックする

 

④項目の場所の入力欄の先頭に「explorer」と追記して一文字分の半角スペースを入れ、「次へ」をクリックする

 

次に項目の場所がドキュメントフォルダーになっていることを確認し、

項目の場所がドキュメントフォルダーになっていることを確認する

(私はドキュメントフォルダーをDドライブ上に設定していますのでフォルダー名が日本語になっていますが、初期設定のままのCドライブ上にドキュメントフォルダーがある場合はフォルダー名が英語で表記されています。)

 

その項目の場所の入力欄の先頭に「explorer」と追記して「explorer」とこのスクショだとD、初期設定のままですとCとの間に一文字分の半角スペースを入れて「次へ」をクリックします。

④項目の場所の入力欄の先頭に「explorer」と追記して一文字分の半角スペースを入れ、「次へ」をクリックする(ドキュメントフォルダー)

 

⑤ショートカットの名前を「ドキュメント」と書き換え「完了」をクリックする

 

次にショートカットの名前がそのままですと「explorer.exe」となってしまっているので、

ショートカットの名前がそのままですと「explorer.exe」となってしまっている

これを「ドキュメント」と書き換え「完了」をクリックします。

⑤ショートカットの名前を「ドキュメント」と書き換え「完了」をクリックする

 

⑥作成されたドキュメントフォルダーのショートカットのアイコンをドキュメントアイコンに変更する

 

次にこのようにドキュメントフォルダーのショートカットが作成されますが、このままですとアイコンがエクスプローラーと同じでタスクバーにピン留めした時に見分けがつかないので、

ドキュメントフォルダーのアイコンがエクスプローラーのアイコンと同じで見分けがつかない

 

このようにドキュメントフォルダーのアイコンへと変更します。

エクスプローラーになってしまっているドキュメントフォルダーのアイコンをドキュメントフォルダーのアイコンへと変更する方法

ドキュメントフォルダーのアイコンへと変更する方法については下記の通りです。

 

⑥-①ドキュメントフォルダーのショートカットを右クリックして「プロパティ」をクリックする

 

まず、ドキュメントフォルダーのショートカットを右クリックしてそれで表示されるメニュー内にある「プロパティ」をクリックします。

⑥-①ピクチャフォルダーのショートカットを右クリックして「プロパティ」をクリックする

 

⑥-②ドキュメントフォルダーのプロパティ内のショートカットタブ内にある「アイコンの変更」をクリックする

 

次にドキュメントフォルダーのプロパティ内のショートカットタブ内にある「アイコンの変更」をクリックします。

⑥-②ドキュメントフォルダーのプロパティ内のショートカットタブ内にある「アイコンの変更」をクリックする

 

⑥-③アイコンの検索の入力欄へ「%SystemRoot%\System32\SHELL32.dll」と入力してエンターキーを押す

 

次にこのようにアイコンが一覧となって表示されますが、このままですとアイコンの数が少なく一覧にドキュメントフォルダーのアイコンがないので、

アイコンが一覧となって表示されますが、このままですとアイコンの数が少なく一覧にお目当てのアイコンがない

「このファイル内のアイコンを検索」の入力欄へ「%SystemRoot%\System32\SHELL32.dll」と入力し、キーボードのエンターキーを押します。

(ちなみにWindows10では「C:¥windows¥system32¥imageres.dll」と入力します。)

⑥-③アイコンの検索の入力欄へアイコンの表示を増やすための文字を入力してエンターキーを押す

 

⑥-④ドキュメントフォルダーのアイコンをクリックして選択し「OK」をクリックする

 

次に様々なアイコンが一覧となって表示されますので、その中からドキュメントフォルダーのアイコンを探してクリックして選択し「OK」をクリックします。

⑥-④ドキュメントフォルダーのアイコンをクリックして選択し「OK」をクリックする

 

⑥-⑤「適用」をクリックし「OK」をクリックしてドキュメントのプロパティを閉じる

 

次にドキュメントのプロパティの画面へと戻りますので、「適用」をクリックしてその後に「OK」をクリックしてドキュメントのプロパティを閉じます。

⑥-⑤「適用」をクリックし「OK」をクリックしてドキュメントのプロパティを閉じる

 

そうしますと、先ほどまでエクスプローラーのアイコンだったドキュメントフォルダーのショートカットがドキュメントフォルダーのアイコンへと変更されます。

 

エクスプローラーになってしまっているドキュメントフォルダーのアイコンをドキュメントフォルダーのアイコンへと変更する方法

 

⑦ドキュメントフォルダーのショートカットをタスクバーへドラッグ&ドロップする

 

最後にデスクトップ上にあるドキュメントフォルダーのショートカットをタスクバーへドラッグ&ドロップします。

(ドラッグ&ドロップは、今回の場合ですとドキュメントフォルダーのショートカットを左クリックの長押ししたままの状態でタスクバーまで持って行き、「リンク」と表示されたら離します。)

⑦ドキュメントフォルダーのショートカットをタスクバーへドラッグ&ドロップする

 

そうしますと、ドキュメントフォルダーをこのようにタスクバーにピン留めすることができます。

【Windows11】ドキュメントフォルダーをタスクバーにピン留めする方法

 

-Windows 11